1. HOME
  2. 英会話スクールの英語

英会話教室で沈黙を無くすための必殺表現!気まずい雰囲気を払拭しよう

英会話教室の沈黙

英会話教室に通いたての時は英語の会話に慣れていなくてどうしても、会話の中で沈黙が生まれてしまいます。 何て言ったらよいか分からなくて、気まずい雰囲気が流れてしまうことは良くあるでしょう。

そんな時に役に立つ必殺表現を紹介しましょう。

考える時間を埋めて時間稼ぎ

英会話で理想的なのは常に英語で考えた上で話をする事です。 しかし最初はかなりハードルが高いでしょう。 最初は頭の中で日本語に訳したり、文章を考えたりするのに時間がかかりすぎて、話す際に沈黙が生まれてしまいます。

そんな時、考える時間を埋めるための表現を使いましょう。 これらの表現は、ネイティブも会話の中でよく使う表現なので、使いこなせばよりネイティブらしく自然に英語を話すことが出来ます。

ちょっとだけ間を埋める表現

例えばこんな感じで使えます。

分からないを伝えたい

英会話教室では「何ていったら良いか分からない」、「理解できない」なんて時も沈黙に陥りやすいです。 そんな時は、沈黙になるぐらいならきちんと分からないことを伝えましょう。

難しい単語や表現が頭から出てこない時

理解できない時 説明されてもまだ理解できない時